狙って痩せる

一般的な手術

脂肪

脂肪吸引の中でも、最も多く行なわれている手術は切開を伴うものです。
この手術は、痩せたい部分の皮膚を切開し、切開をした隙間からカニューレを通します。カニューレは細い管で、そこから脂肪を吸引していきます。
切開を伴う脂肪吸引は、切開を行わない脂肪吸引に比べて多くの脂肪を吸引することが出来ます。しかし、多くの脂肪を吸引することが出来ますが、体への負担がかかってしまいます。内出血、腫れ、痛みを伴う可能性があります。体へかかる負担には個人差がありますが、吸引する脂肪量が多くなると負担が大きくなる傾向があります。

一気に多くの脂肪を吸引することが出来ますので、リバウンドが起こりにくいです。また、即効性がありますのですぐに痩せたいという人には最適です。

切開を伴う脂肪吸引は1種類の手術だけではなく、何種類も存在しています。美容外科クリニックによって取り扱っている手術の方法は異なります。
どのような種類があるのか?一部の手術を紹介します。

・ボディジェット
現在主流になりつつある脂肪吸引の方法です。カニューレの先端部分から脂肪溶解効果のある液体をジェット水流で脂肪細胞へ放出します。そうすることで水流によって脂肪細胞を体から分解させます。そして、脂肪部分のみカニューレで吸引していきます。

・スマートリポ
痩せたい部分にレーザーを照射し、脂肪を溶解させます。そして、溶解された脂肪は細胞の外へ排出され、自然と脂肪がなくなっていきます。非常に繊細な器具を使用しますので細かい部位でも脂肪吸引が可能です。また、脂肪を直接吸引することはありません。体へ掛かる負担は少ないですが、効果が現れるまで時間がかかります。

・シリンジ
自動の吸引器を使用せず、手動の吸引器を使用します。注射器のような吸引器を使用し、少しずつ脂肪を吸引していきます。大量の脂肪を吸引することは出来ませんが、少ない量なので、体へ掛かる負担を最小限に抑えることが出来ます。手動なので、細かく脂肪の量を調節することが可能です。

・UAL法
体内式超音波脂肪吸引といわれる方法です。超音波の振動を利用し、微弱な振動を与えます。そして、脂肪を乳化させていきます。乳化した脂肪は、吸引器で吸引されます。この手術は、美容外科の脂肪吸引だけではなく、腫瘍の摘出手術、白内障手術などにも利用されています。

このように、一口に脂肪吸引といっても様々な方法があります。しっかりと手術について理解し、希望に合った手術を選ぶようにしましょう。